うかい鳥山とうかい竹亭

うかい鳥山は奥高尾の自然にかこまれた敷地にあって、その自然

を四季の移り変わりのなかで、その時期をうまく生かした食に結びつ

け和の料亭うかい鳥山となっています。

 うかい鳥山の近くにウカイグループのひとつ「うかい竹亭」があり

ます。うかい鳥山が、どちらかと言えば大衆的なのにたいして、うか

い竹亭のほうはより高級料亭の感がします。数奇屋造りの離れによく

整った庭園の美しい眺めは、高級料理とともに、利用する人により一

層の充実した満足感を与えることでしょう。

 うかい鳥山もうかい竹亭も自然のなかで、四季を生かした食をうま

く和食料亭として持ち込み、訪れる人を惹きつけて今日に至っている

ようです。

テクノラティプロフィールうかい鳥山

四季に食するうかい鳥山

うかい鳥山では自然の静寂のなか、四季折々のメニューが用意され

て、うかい鳥山を訪れる人を愉しませてくれます。

 夏が終わり、やがて秋から冬にむかう季節は食の美味しい時期を迎

えます。うかい鳥山では、この時期のおすすめは、親しい人と囲炉裏

を囲んでの地鶏の炭火焼などです。うかい鳥山の地鶏は、普通の養鶏

とちがい、うかい鳥山の広い牧場で放し飼いにして、普通の養鶏の3

倍(100日位)かけて育てているそうです。

そのため、うかい鳥山の地鶏は食感がぷりぷりしたとても美味しい味

わいが評判となっています。

 うかい鳥山は、また日本古来の伝統に則った結婚式の会場にもなっ

ています。一生の思い出となる日本古来の、花嫁が白無垢姿のしっと

りした結婚式もうかい鳥山の日本様式の庭園によくマッチします。



うかい鳥山の思い出

うかい鳥山も創業以来半世紀の発展によってウカイグループとして

今日に至っているようですが、昭和40年代〜50年代にかけてよく

く少人数のグループや家族でここ、うかい鳥山を利用したものです。

  その頃のうかい鳥山は、確か今のように整備拡張したうかい鳥山

ではなく、もっと素朴な雰囲気だったと思います。

 入り口の水車は以前からありましたが、当時うかい鳥山の中は

囲炉裏を囲む個室になっていて、その個室の入り口の向かい側の障子

を開けると注文したメニューの炭火焼地鶏などが、水の流れで運ばれ

てくるという素朴なものでした。個室に区切ってあったので、落ち着

いて周りに気兼ねなくくつろげたものです。

 夜帰る時も、外にでてみると、眼下に広がる八王子の町並みの

明かりが一望できて、うかい鳥山が印象的な風景だったことを、思い

出します。

うかい鳥山のたたずまい

うかい鳥山は奥高尾の閑静な6000坪の敷地にあり、高尾山の観

光の途中や帰りにいっぷくして、立ち寄られる方も多くいます。

 敷地内でまず目に付くのは、入り口の大きな水車や合掌造りの建物

でしょう。合掌造りの歴史的建築物は、うかい鳥山が越中五箇山から

そのまま移築したものです。昭和38年に、400年前の戦国時代の

武家造りとして伝えられた合掌造りを、うかい鳥山が貴重な重要文化

財として、うかい鳥山の敷地に解体復元したものだそうです。

 うかい鳥山は静かな自然のなかで、四季折々の木々や草花が、食の

味わいとともに、訪れる人を愉しませてくれます。

 なかでもうかい鳥山の水芭蕉園は、3月に開園して12月のもみじ

祭りまで散策できるようです。

 また、うかい鳥山の敷地には、白川亭、蓮月庵など39室の離室が

用意されていて、気兼ねなく、ゆったりした気分で食することが出来

る料亭になっています。

うかい鳥山について

うかい鳥山は、現在ではウカイグループの拠点として、奥高尾の

自然の中で、6000坪の敷地のなかにある和食料亭です。

 奥高尾といっても、うかい鳥山は八王子市の郊外ですから、東京都

に属します。高尾山の入り口に当たる自然の景観とたたずまいの中で

気兼ねなくゆったりとした気分で食を味わうことが出来るのは、なに

よりの気晴らしにもなることでしょう。

 うかい鳥山は四季の移り変わりとともにそのメニューが設定されて

いるので、いつでも予約して愉しむことが出来るようです。うかい鳥

山の冬の閑散な時期でも雪見などの風情を味わうことができて、その

時期を愉しみに来る人もいるとのことです。

 また近年、うかい鳥山の自然の和のたたずまいや風情に関心を寄せ

る外国人もいて訪れるようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。